店舗デザインは店で何を売るかで異なる

店舗のデザイン

ショッピングモールや商店街、デパートで買い物をする時にまず目に入ってくるのが店舗のデザインです。
最初から入る店を決めている時は看板を確認する程度ですが、何となく店先を見ながら何処で買い物するのか考えている人も少なくありません。
大抵の店では看板やポスターがあって、それを見れば何を売っているのか分かるようになっています。
確かに、看板を見て中に入っていく人たちも沢山います。
しかし、それよりも大きく影響してくるのが店舗デザインといっても過言ではありません。
店舗デザインは、一般的に販売しているものに合わせていることが殆どです。
例えば、薬局だと明るく整理整頓された雰囲気のところが多いです。
意外性を狙いたいというかオーナーもいるかもしれませんが、まずは店に入ってもらうことを考えてください。
そのためには、店の趣旨にあったデザインを考える必要があります。

店舗内装工事残業中。


リプ・連絡確認するの20時過ぎそうです。

— 🍞店長 (@hiroshi_pan) 2019年11月8日

店舗のデザイン使う照明によって印象はかなり変わってきます他の店舗がどのような工夫をしているのか

店舗内装日本最大のマッチングサイト内装建築.com